Amazon増税前、最後のタイムセール祭り9/23まで

はじめてから上級者まで車中泊が快適で楽しくなるアイテム紹介!

車中泊といえばシートを倒して寝るだけでもいいですしキャンピングカーのように食事やトイレなど車で生活できてしまう装備を揃える人もいますが今回は普通の車で車中泊するときに使えるアイテムを紹介していきたいと思います!

こんな人におすすめ!

車中泊の予定があるけどなにを揃えればいいかわからない

快適な車中泊のために新しいアイテムを探している

スポンサーリンク

はじめてなら寝袋から

だんだんレベルあがってくると車の中で料理したりバッテリーを積んで生活家電を使ったりとんでもないことになってきますが、一番最初に買うなら寝るための装備でしょう

ここで失敗して「車中泊ってやっぱり不便だしイヤだな」と思ってほしくないですし、本人だけではなく彼女とか、奥さんや子供達が車中泊嫌いになってしまったらアウトドア系の趣味に誘えなくなってしまうとつらいです

おすすめの寝袋ですが車中泊ならそんなにスペックにこだわらなくてもいいです

とても寒い気温に対応しているものもありますがアマゾンの安いシェラフでも全然いけます

ぼくの注目ブランドはハイランダーです!

ナチュラムというアウトドア用品のお店のオリジナルブランドで安くて便利なアイテムがたくさんあります

ラインナップはキャンプ用品がほとんどですがもちろん車中泊でも活躍すること間違いなしです!

マット

寝袋があっても床がゴツゴツしていたりミニバンなどでシートを倒してフラットにしているならデコボコがあって快適ではないのでマットはあったほうがいいです

睡眠の質を考えるならエアーマットですが最近は自動で膨らむ機能のついたものがあるのでそれがおすすめです

もしあなたの車のラゲッジがフラットになるならニトリのマットレスがおすすめです!

結局車中泊って無理にキャンプ用のアイテムじゃなくて普通に布団を積んでもいいんですよね笑

しかしコンパクトに収納できるのがキャンプ用品のいいところでエアーの枕なんかも小さく畳めるのでラゲッジ下に入れておけます

スポンサーリンク

シェード

寝袋さえあれば車中泊はできるんですができるだけストレスなく寝るためには窓にシェードをつけて外から見えないようにしたほうがいいです。

パーキングなんかで外から車内丸見えはさすがにイヤですよね

あとは街灯などの明かりが眩しかったりするので遮光にも役立ちます

車種専用設計のシェードがいい人はこちらがおすすめ

www.aizu-rv.co.jp

断熱シートやプラダンで自作できるので費用を抑えたいなら自作しましょう

専用設計じゃない簡易シェードもあります

冬に暖かく寝るなら

冬の車内はしっかりと対策していないと外と変わらないくらい寒いです

ぼくは暑がりなので普通のシェラフだけでいけますが女性などは暖かく寝るためのアイテムを用意したほうがいいですね

湯たんぽ

お湯を沸かすのがめんどうですが寝る前から布団にいれておけば完璧ですね

最近はオシャレだったりかっこいい湯たんぽもあるのでキャンプギア集めが好きな人は湯たんぽも手に入れてください笑

電気毛布

EVではない普通の車には1500w電源なんてないのですがモバイル電源をつかえば一晩中電気毛布を使えます

モバイル電源は非常に便利で、できることが多いのでひとつ持っておくことをおすすめします

車中泊でエアコンはNG

注意
正確にはエアコンがダメというよりエンジンをかける、アイドリングがダメです

近くで車中泊している人がいるならエンジン音はうるさく感じますし、豪雪の中でエンジンをかけていると雪でかまくら状態になり排気が車内に侵入して一酸化炭素中毒で死亡するといったニュースもありますよね

三菱のアウトランダーPHEVならエンジンをかけず一晩エアコンをかけれるくらいの電力を持っているらしいです!車中泊向けですね笑

食事、車でお湯を沸かす方法

ここまでやる必要があるかはわかりませんが車に調理道具一式を積んでいるひともいます

ぼくもスキー場で車中泊するときなどお湯を沸かしてカップ麺や炊飯器でご飯炊いたりとこだわってみるとおもしろいです!

簡単な方法から紹介していきます

お湯を沸かす

最近流行りのフリーズドライなどお湯さえあればかなりのメニューを作れてしまうのでこだわらないなら湯沸かしだけあれば大丈夫です!僕のイチオシは先程も紹介したアルポットですね!パスタもできますよ!

車中泊、車中飯に使える湯沸かしアルポットを画像あり徹底レビュー!

車内で安全にやるなら電気がおすすめですシガーソケットで使える湯沸かしもありますしモバイル電源を使って電気ケトルなんかもありです!

予算がある人はこちらがおすすめです。めちゃくちゃ早くお湯が沸きます!

白米が食べたい人

米が好きですか?もちろんできます笑

炊飯器タケルくんです!

車中泊での料理に使える炊飯器タケル君!ポータブル電源での使い方レビュー。 炊飯器タケルくんのオプション『多機能蒸器 ムスヨ婆さん』レビュー

ガスコンロ

 

注意
ガスコンロ自体は簡単なアイテムですが車内で使うなら窓を全開にしたり燃えやすいものを遠ざけたりと注意が必要です

 

ハイエースやミニバンなど天井が高くテーブルなどを置ける車ならいいと思います


スノーピーク(snow peak) HOME&CAMPバーナー ブラック GS-600BK

もう少しアウトドア向けなものがほしい方にはスノーピークのhome&camp バーナーをおすすめします

その名の通り家でもアウトドアでも使えるコンパクトデザインでかっこいいスノーピークの卓上ガスコンロです 

home&camp バーナー開封レビュー!2019新作スノーピーク、ガスコンロを紹介!

LEDランタン

明かりにお金をかけたくないかもしれませんがかなりハイスペックなので満足感があると思います。明るさは普通のランタンと比べ物にならないくらいでしかもコンパクト。

継続使用時間も長くモバイルバッテリーとしても使用できます

コスパのいいLEDランタンならNaturehikeがおすすめです

番外編

その他に「あったらいいな」というアイテムを紹介します!

ウォッシュバッグ

洗濯ができるかばんです!シャツや下着などをいれて揉み込んで洗います。

折りたためば手のひらサイズになるので車のラゲッジ下に入ります

「そんなの使う!?」と思うかもしれませんがロマンです笑

車に乗り込み各地を放浪する方におすすめです!

Klean Kanteen

デザインが好きです。

グロウラーはビールや炭酸水などもいけるので旅先で寝る前にかっこよく飲めます!

スポンサーリンク

まとめ

いいなと思ったアイテムはありましたか?

車中泊はアイテムにこだわると終わりがないので行く場所や目的によって必要なものを選べばいいですね

車自体の改造に抵抗がないならミニバンなどの車種で使えるスイベルシートがすごく便利でロマンがあると思います

ホワイトハウスキャンパー『スイベルシート』キャンプ、車中泊好きに180°回転するシートがすごい!

便利グッズは買い揃えればいいですが快適な車中泊で一番大事なのは車種選びかもしれません

このブログではトラックの荷台での車中泊にチャレンジしています

【車中泊、荷台泊】トラックの荷台を車中泊できるレイアウトにしてみる

 

 

今回は以上です!ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です