Amazon増税前、最後のタイムセール祭り9/23まで

ホワイトハウスキャンパー『スイベルシート』キャンプ、車中泊好きに180°回転するシートがすごい!

車中泊好きなら誰もがキャンピングカー所有を夢見ると思うんですが今回は普通の車でもここだけ交換すればキャンピングカーのように使える

ホワイトハウス キャンパーさんの

スイベルシート

を紹介したいと思います!

運転席と助手席が180°回転し車をちょっとしたリビングルームとして使えるというものです

スポンサーリンク

ホワイトハウスキャンパー

www.whitehouse.co.jp

車中泊

ぼくは車中泊が好きで冬のスノーボードでスキー場の駐車場で仮眠したりするときに快適さを求めて色々なアイテムを集めたり日々情報収集しているのですが、上をみたらキリがなく車そのものを改造してキャンピングカーのようにしてしまうのが最高の車中泊なのかもしれませんが

www.shosho.work

最近はアイドリング騒音やゴミの処理などマナー問題もあり車中泊なのか仮眠なのか、車上生活なのか?

非常に気を使うジャンルになってきていますがRVパークなど車中泊のための施設もできてきており、良くも悪くも車中泊ブームと言えるような人気になってきています

RVパークのご案内|くるま旅公式WEBサイト

車中泊で大事なのがやはり車の車種ですね

寝るだけならどんな車でもいいんですが車中泊、くるま旅を楽しむために僕も車の乗り換えを考えているのですが候補はスノーボードでスキー場に行くこともあり4WDのSUVがいいです。

しかし今回紹介するスイベルシートが良すぎてミニバンもありかなと思いました

スポンサーリンク

スイベルシート

f:id:SHoSHo:20190515161331j:plain

運転席助手席が180°回転するスイベルシート

parts-center.jp

ホワイトハウスの代名詞となったSwivelSeat(スイベルシート)は、構造上、本来なら回転させることは不可能とされているフロントシートをオリジナル設計のチルト機構など複数の技術を駆使し、設計・開発・商品化されたフロントシート回転装置。純正フロントシートをそのまま活用出来、SwivelSeatを取付する事で180°回転できる。簡単操作であっという間に、ドライブモードからリビングモードへと大変身!車内空間を100%に活用する事ができ、さまざまなレイアウトが可能になりました。車中泊車両やキャンピングカーはもちろん、福祉車両や消防指揮車など様々なシーンで活躍中。既存車両にも後付け可能で、販売モデル全て車検対応している。正に、業界No.1、Only.1のブランドとなっている

車中泊に最適なシート

f:id:SHoSHo:20190515162919j:plain

窓ガラスをプライバシーシェードやカーテンで目隠ししてしまえば自宅のような空間になりテーブルを用意すれば車中泊での休憩や飲食が快適にできます

www.shosho.work

www.shosho.work

ミニバンは元々車中泊向きの広さを持っていますがこのシートがあればキャンピングカーのような使い方ができ車中泊好きな方は最初からこうゆうシートアレンジの設定をメーカーが用意してくれよと思いますよね~

昔はそうゆうシートアレンジが特殊な車種もありましたよね??

対応車種

対応車種一覧が見当たらなかったのでホワイトハウスキャンパーさんのキャンピングカーを見てみるとどうやら下記の車種はフロント回転シートの写真が載っていましたが、欲しい方は詳しくは問い合わせてみてください

ヴォクシー、ノア、エスクァイア

ハイエース

フリード、ステップワゴン

NBOX、NVAN

スポンサーリンク

まとめ

キャンピング仕様のミニバンでなくともスイベルシートだけを交換すれば普通のミニバンとして使いながら車中泊のときは回転シートを利用するといった使い方もできるでしょう

僕も車中泊オンリーでくるま旅してブログに記事投稿できるようにこれからも情報収集しておきます笑

長距離運転について過去記事で書いてます!

www.shosho.work

今回は以上です!ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です