【洗車用品】手洗い洗車に最適なドリー装着したバケツを紹介します【Grit Guard Bucket Dolly】

どうもしょしょです!(@shosho_blog)当ブログではアウトドアファッション、趣味の車に関する記事を書いています!

しょしょ

YouTube『SS-CarLife/しょしょ』もよろしくお願いします

僕は普段YouTubeにシネマティックな洗車動画を投稿しているのですが、洗車に使用しているこだわりのバケツを紹介したいと思います!

正直手洗い洗車に使うバケツはなんでもいいです笑水を貯めてシャンプー液を泡立てることができれば洗車はできます。

しかし手洗い洗車にこだわりを持つ人はバケツも機能的でかっこいいものを使っています。

僕もそんなかっこいいバケツが欲しかったのですが、日本のインテ―ネット通販で探してみても理想のバケツを見つけられなかった。洗車文化というのは海外のほうが盛り上がっていて、かっこよく機能的なバケツというのは日本に入ってきてない。もしくは非常に高額で販売されていて手が出せないという状態。

そこで自分なりに調べて最高のバケツを手に入れたのですがやはり海外からのパーツ購入もありトータルで高額になってしまった。

それでもこの経験が誰かの役に立つと思い記事にします!僕が検索してもグリッドガードのドリーの購入方法が見つからず苦労したので、洗車用のバケツとドリーを探している人に読んでほしい。

YouTubeで見る

手洗い洗車に理想的なバケツとは?

ただ洗車をするだけならバケツはなんでもいいんだけど僕は海外のシネマティックな洗車動画に影響されてそのバケツが欲しくなった。

手洗い洗車に最適のバケツな条件としては

  • ドリーが装着されている
  • グリッドガードが装着されいてる
  • できればサイドに収納ができるポケット
  • フタ付きで座れると嬉しい

この条件を満たすバケツは本当に少ない。中でもドリーの入手難易度が高く日本で売ってないので海外サイトをめぐり探すことに。

バケツは海外の洗車用品メーカーが出しているので好きなものを買えばOK。バケツの底のグリッドガードは日本のAmazonでも購入可。

スポンサーリンク

日本でも購入できる僕が選んだバケツはYETIロードアウト

ベースとしてのバケツはなんでもいいのですがデザインが気に入ったのでYETIのロードアウトを購入。値段は正直高いですが純正アクセサリーに収納ポケットがあり使いやすそうだったので決めました!

フタはハンドメイド作品を購入できるサイトで見つけました。出品者様に迷惑がかかるといけないのでリンクは貼りませんが調べればでてきます。

Grit Guardのドリー

これを見つけるのが本当に難しかった。というかGrit Guardのドリーは日本のAmazonでも売ってるけど値段設定が高く買わないほうがいいと思いました。

そこで結局は海外から購入することになるんですが方法としては

  • 海外の洗車用品専門のサイトで購入
  • セカイモンを利用する

この2択かなと思います

まずは海外の洗車用品専門のサイトですがこちら

次にセカイモンです

海外からはクレジットカードかペイパル決済で簡単に支払いできますが到着に時間がかかります。

セカイモンは海外からの出品物をセカイモンを通して購入できるサイトでこちらもカートに入れてポチるだけ。

問題は送料が高い、時間がかかることですが日本で販売されていない洗車用品が欲しかったのでドリーはセカイモンで購入しました!

スポンサーリンク

初心者に洗車バケツは?

この記事では手洗い洗車にこだわりのある方に向けて海外製品も使用した洗車バケツのセットを紹介しましたが、ぼくはそれまでインナーにカゴが収納できるボックス型のバケツを使っていました。

  • 洗車用品をインナーのカゴに入れて洗車するときに出して使えるのが便利。
  • 箱型で踏み台にもなるのでルーフ洗浄ができる

ドリーもグリッドガードもないのですが普通に洗車するだけならバケツはなんでもOK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です