【手洗い洗車解説】3ヶ月、手洗い洗車を勉強した結果

どうもしょしょです!(@shosho_blog)当ブログではスノーボード、キャンプ、車中泊などアウトドアに関する記事を書いています!

しょしょ

YouTube『OutdoorDriving/しょしょ』もよろしくお願いします

車好きとして自分の車くらいは綺麗な状態を維持したいと思い、しっかりとした手洗い洗車を勉強しています

2020年に本格的な洗車を勉強し始めて3ヶ月経った頃のフル洗車の様子をYouTubeに投稿しているので、振り返りと解説をブログ記事に残しておきます

これは主に自分の成長を記録するためのものなので、誰かの役に立つかはわかりませんが使用している洗車道具や方法など同じ洗車好きの方々に共有できればなと思います!

こんな人におすすめ!

車を買ったけど洗車の仕方がわからない

自分で洗車しても思ったように綺麗にできない

Youtubeで見る

プレウォッシュ

まずは車体についたほこりや汚れを洗い流します

オートブライトダイレクトのシトラスウォッシュを10倍希釈して全体にかけます

5分で洗い流して準備完了です

スポンサーリンク

ホイール洗浄

ポンプ式の泡フォーマーでホイール洗浄します

洗剤はマジフォーム10倍希釈を使ってます

ホイールブラシを使ってブレーキダストを落としていきます

道具に関してはスポンジでもタオルでもいいですができればボディに使うものとは分けたいですね笑

足回りを洗ったスポンジで塗装面をシャンプー洗車するというのは素人でも砂利などでキズがつくことは予想できます

全然100円ショップのアイテムでも大丈夫なのでボディとホイールは分けて、綺麗なスポンジやウォッシュミットを使うことをおすすめします

シャンプー液でホイール洗浄したら鉄粉除去剤もたまに使ってあげたいです

普段洗車していない車ならホイールもボディも鉄粉除去剤が反応すると紫色に反応して洗い流すことで鉄粉除去できます

ナット穴など複雑な形状の部分は細部洗浄用のブラシを使っています

シトラスウォッシュを使いホイールブラシで入らない箇所を洗います

シャンプー洗車

ウィルソンの泡仕立てシャンプーは安くて好評なカーシャンプーです

少しだけバケツに入れて水を注いであげるとものすごく綺麗な泡のシャンプー液が完成します

ポイントはシャワーノズルを使って勢いよく水を注いであげると泡立ちが良いです

グリオズガレージのウォッシュミットを使ってますがモノはなんでもいいです

塗装面に対して摩擦を少なくするためにシャンプー液と泡をたっぷり付けてドバっと洗いたいです

今回のウォッシュミットはあまり好みの吸水力ではなかったのでシャンプーが薄い気がしますね

スポンサーリンク

細部洗浄

グリルやエンブレムなど細かいパーツは細部洗浄用のブラシで洗います

これはシトラスウォッシュを使ってますが普通のシャンプー液でも大丈夫です

油分除去

プロヴァイドのOCメンテナンスクリーナーで油分除去します

これはボディのくすみ汚れなどもとってくれるので塗装面がスッキリとクリアになります

大抵の汚れはOCメンテナンスクリーナーでとれるので持っておきたいアイテムですね

チェリーグレーズ

チェリーグレーズは撥水、艶出し効果のあるクリーナー

非常に便利なアイテムで洗車終わりに軽く塗ってあげるだけで塗装の細かいキズ消しなどもでき色が濃く見えるようになります

プレミアムカルナバペーストワックス

おすすめのワックスです!

非常に塗りやすくムラになりずらいワックスで艶も良いです

もちろん撥水力などはコーティングなどに劣るかもしれませんが、気持ちの良い水はじきをします

洗車をまめにするならワックスも毎回かけてあげたいですよね

このワックスは固形ですが塗るときにほどよく滑ってくれて柔らかいイメージなので毎回の洗車でワックスをかけることを面倒に感じません

固形ワックスって面倒なんでしょ?という方におすすめです!

さらに深みのあるツヤがでるので塗り重ねてあげることで愛車の輝きが増します

まとめ

手洗い洗車を勉強して3ヶ月の僕の洗車方法の記録でした!

洗車というと軽くシャンプー洗車するくらいでしたが、しっかりやると意外と面白いです

海外では香りの良いシャンプーなどを使って気持ち良く洗車をする文化があり面倒な作業という感じではなくカーライフのひとつとなってます

洗車グッズも海外ブランドのアイテムはパッケージもかっこよく所有感のあるものばかりで買い集めることも楽しみになりました

これからもYouTubeやブログで情報発信していきますのでチェックお願いします!

今回は以上です!ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です