高速道路を走った窓ガラスやバンパーの虫汚れにキーパー技研コーティング専門店の虫とりクリーナーレビュー【洗車前にスプレーするだけ】

どうもしょしょです!(@shosho_blog)当ブログではスノーボード、キャンプ、車中泊などアウトドアに関する記事を書いています!

しょしょ

YouTube『OutdoorDriving/しょしょ』もよろしくお願いします

車の虫汚れの除去に役立つキーパー技研コーティング専門店の虫とりクリーナーのレビュー記事です!

高速道路や田舎の永遠に続く真っすぐな道路を走った後に車の窓ガラスやバンパーに虫がアタックして大量の虫汚れが付くのがすごくストレスです

ぼくはドライブが好き、車が好きなので虫汚れには本当に悩まされます

以前カスタムカーのイベントに自分の車を出展していたことがあったのですが移動中の飛び石や虫アタック防止のために青い養生テープをバンパーに巻いていました

しかし旅行の運転ではいちいちそんな対策はできません

結局、後日洗車することになるのですが虫は車に当たった衝撃で破裂しているのでしっかりと汚れがこびりついて取れにくいです

あまりボディにキズが付くのはイヤだから車をゴシゴシ擦りたくない

そんなときに役立つスプレーするだけの虫取りクリーナー

キーパー技研コーティング専門店の虫とりクリーナーをおすすめします

キーパー技研(KeePer技研) コーティング専門店の虫とりクリーナーレビュー

●泡トリガー採用! 泡の洗浄力で虫の死骸や鳥のフンをふやかし、簡単に落とします。
●洗車のプロ! 「KeePer」がプロデュースした虫取りクリーナー。
●コーティング車に対応。
●全塗装色対応。

車のフロント部分の虫汚れの防止はどうすればいい?

高速道路などを走行中に虫と衝突して汚れがこびりつく問題にはやはり車屋さんでボディコーティングを施工しておくことが汚れ防止になります

走行中に虫を避けることはできませんから汚れを付きにくく、落としやすくするほうが簡単です

本格的なボディコーティングが一番おすすめできますが車のフロント部分だけコーティング剤をスプレーしておく程度でもいいかもしれません

スポンサーリンク

取れない虫汚れの取りかた、落とし方は?

今回紹介するキーパー技研コーティング専門店の虫とりクリーナーです

使用方法は簡単でスプレーして15秒ほどたったらスポンジやクロスでふき取ってください

一度に広範囲にスプレーするのは間違いなようです笑

しかし今回は全体虫だらけだったので一気にスプレーしました

説明を見ると虫汚れの箇所にスプレーしてクロスかスポンジで部分的にふき取ってあげるといいようです

使ってみると綺麗に取れました

しかしスプレー後に高圧洗浄機で洗い落とすだけだと少し汚れが残りました

ノータッチでは完全には汚れは落ちなかったです

やはり虫汚れの箇所にスプレーした後すこし擦ってふき取ってあげたほうが綺麗に取れます

感想

しつこい虫汚れに役立つキーパー技研コーティング専門店の虫とりクリーナーのレビュー記事でした!

洗車グッズを揃えている人なら常識のアイテムでしょうが虫取りクリーナーは持っていると便利ですね

一度虫がこびりついてしまうとほんとになかなか取れないです

普通に洗車機に入れても完全には落ちないことのほうが多いので洗車機を使う前に虫取りクリーナーである程度除去することをおすすめします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です